顔のたるみの治療のウルセラ

最新の治療法

美容皮膚科でたるみの治療美容皮膚科での最新たるみ治療は、メスを使わず痛みもなく
心地よく顔のたるみ治療が可能で、リフトアップが施術後から
即実感できます。

美容皮膚科のたるみ治療で最新の機器は高周波治療機で、
皮下深部まで加熱することが可能で肌を引き締めて
たるみを改善することが期待できます。

従来のたるみ治療機器以上に効果が期待できるだけではなく
持続力もあります。

たるみの改善

皮膚の深層部分から皮下組織まで熱量を発生させることが可能なため、
コラーゲンの生成を促して肌のたるみを引き締めます。

美容皮膚科で主流で行なわれている従来のたるみ治療法は
高周波RFを使った機器で、これらの機器でも肌を引き締めて
たるみを改善することが期待できますが、治療は痛みを伴い
表面麻酔薬などを使う場合もあります。

痛みに弱い場合は痛みが辛くて治療が続けられないことも少なくありません。

麻酔の歴史|初めて使用したのはいつ?アドレナリンとの関係って?

麻酔の歴史は、古代ギリシャ時代までさかのぼります。
医学の守護神とされるアスクレピアスが、ネベンテとよばれる薬を使い
無痛で手術をおこなったといわれます。

また古代ギリシャの医師ヒポクラテスとガレンは、阿片やヒヨス、
マンダラゲなどを海綿にひたした睡眠海綿で
痛みを和らげ治療したと伝えられています。

エーテルの合成に成功したのは1540年、スイス人の医師で錬金術師の
テオフラテス(パラスケルスス)が、エーテルをニワトリに吸わせて
全身麻酔に成功したといわれます。

日本で最初の麻酔は1689年に、琉球王国の医師であり外交官だった高嶺 徳明が
局所麻酔(表面麻酔)を用いて口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)の手術を施したと伝えられています。

局所麻酔薬は痛みを消失させるだけでなく、血管を拡張する作用をもつ薬が多いのです。
血管が拡張すると薬の濃度が低下して効果も薄れ、中毒症状を発症するリスクがあるのです。

これらのリスクを軽減するため局所麻酔には、血管を収縮させるアドレナリンが併用されています。
麻酔の効力を増強して作用する時間を延長、さらに中毒症状の軽減する効果が期待できるのです。

安全で確実な手術のために、麻酔は欠かすことができません。
長い歴史を重ねることで、麻酔の効果と安全性は大きく向上しています。

最新の美容皮膚科で使用される麻酔は安全性はもちろん、快適であることも追求しているのです。

安心かつ効果的な美容皮膚科でのたるみ治療


美容皮膚科の最新のたるみ治療機器は、目的の深さで必要な熱量を
発生させることができ、効率的に層状に熱量を発生させて痛みがなく
心地よいエネルギーでアプローチすることが可能なのです。

リフトアップまた1回の治療で治療直後からリフトアップが実感でき、その後も
引き締め効果が持続することでたるみが解消されていくことがわかります。

月に1度の治療により顔のたるみは改善されるため、定期的に施術することで
よりたるみ改善の効果を実感できます。

1回でできるだけ効果を実感したい、たるみが酷いため強力な治療がしたい、
遠方なので頻繁に通うことが難しいなどの場合に最適なたるみ治療法なのです。