顔のたるみの治療のウルセラ

レーザーでたるみを治療

美容皮膚科でたるみの治療
肌のたるみは加齢と主に現れるもので、美容皮膚科でのレーザーで
改善することが期待できます。

たるみは年齢を重ねることで、皮膚の弾力が弱まって
皮膚がたるむ老化現象です。

たるみは皮膚と皮下脂肪、筋肉の加齢による変化で
これらのバランスが崩れることでたるみは発生し、皮膚の真皮に
弾力があることでたるみの状態も影響してきます。

たるみの原因には皮膚の弾力の低下、表情筋の衰え、
皮下脂肪の増加などが考えられます。

加齢や乾燥などにより角質層の水分量が低下し、肌のターンオーバーは
加齢と共に乱れていきます。

老化現象

ターンオーバーが乱れることで肌のバリア機能も低下して水分量も減っていきます。

表皮の水分量が減ってしまうと皮膚のクッションの役割なども衰えてしまうのです。
さらに紫外線の影響により真皮のコラーゲンやエラスチンの性質にも変化があり
たるむ要因になるのです。

エラスチンってなに?肌のハリやたるみとの関係は?

エラスチン、コラーゲン、そしてヒアルロン酸は、皮膚の弾力や保水力を保つために欠かせない要素です。
これらが不足してしまうことによって、肌の弾力が失われ、たるみや老化、シワやシミの原因を作り出してしまいます。

皮膚は表皮と真皮に分かれており、これらの成分は真皮の部分に含まれています。
血管が老化することによって、肌に栄養成分が送られなくなり、肌の老化にもつながると言われているのです。

肌に弾力がある状態というのは、エラスチンやコラーゲン、そしてヒアルロン酸の成分によって
満たされており、肌は若々しく張りがある状態を保っています。

これらが不足したり、バランスが崩れてしまうことで肌は老化し、シワやたるみが老化現象として現れるのです。
老化は肌の酸化と言われるため、肌の老化を防ぐためには抗酸化作用を高めることが重要となります。

これらの3つの要素はすべて関連しており、この要素をすべて満たすことがアンチエイジングに繋がります。

エラスチンは加齢とともに減少しますが、真皮層に超音波を照射して刺激を与えると
エラスチンなどが生成されるようになり、肌の内側から若返りを図ることができる
新しいアンチエイジングが開発されています。

レーザーによるたるみ治療


美容皮膚科でたるみ治療が可能です。
美容皮膚科のたるみ治療はメスを使わずにたるみ治療も可能です。

変化していく

美容皮膚科のレーザーでのたるみ治療にはいくつか機器があります。
顔全体に医療用の特殊な光を照射することで肌にハリやつや、
潤いなどを取り戻す治療法で、肌細胞に働きかけたるみや小じわ、
そばかすなどにも効果を発揮します。

真皮層に集中的に近赤外線を照射して熱エネルギーを与えて
コラーゲンの収縮を促進させる機器や、高周波エネルギーを肌に照射し
真皮層から皮下組織のコラーゲン生成を促す治療法などがあります。

レーザーでのたるみ治療といってもいくつか種類があり、たるみ治療に
効果を発揮する機器や、血行促進などに効果を発揮するタイプもあります。

美容皮膚科で相談したるみを改善するための治療を行なう必要があります。