顔のたるみの治療のウルセラ

たるみ治療に必要な手術はどんなもの?

美容皮膚科でたるみの治療美容皮膚科でのたるみ治療には、どのような方法があるのでしょうか。

まずフェイスリフトの手術があります。これは元々皮膚を切開して吊り上げ
たるみをなくすやり方でしたが、切開することで表情筋などが切れてしまう
リスクもあることから、最近では糸で吊る方法が人気があります。

それから、レーザーで皮膚のコラーゲンを活性化する、たるみ治療の方法もあります。

高性能のレーザーになると、フェイスリフトに負けないほど肌に張りが出て、たるみが解消されます。
その他の美容皮膚科でのたるみ治療には、美容成分を注射する方法もあります。

これは、たるみによってしわが出た場合に、そのしわを解消して見た目年齢を若くするものです。
加齢によるしわ、つまり表情を作らなくてもできてしまうしわには、ヒアルロン酸が用いられます。つり上げる

ヒアルロン酸は保湿効果が高く、しわを持ち上げてふっくら見せることができます。

一方表情じわには、ボトックスの注射が主に使われます。これはしわを持ち上げるのではなく
気になる部分の筋肉を麻痺させることで、しわをできにくくする方法です。

ところで美容皮膚科のたるみ治療は、手術も含め、そのほとんどが健康保険の適用外になります。
つまり実費負担です。しかもこれらの治療は、すべて継続して行うことになりますので、
定期的に美容皮膚科に足を運ぶことになります。

顔のたるみ

ですから、自分の予算に合った美容皮膚科でたるみ治療をしてもらうか、
あるいは、ローンを組んで通うことをお勧めします。